プロフィール

linn

Author:linn
できたてほやほやの社会人です。
企業名、業界は明かさないでね、ヨロシクです。

とりあえず立派な社会人になるべく修行の日々です。
コメントうぇるかむです、バンバン書き込んで下さいな。

気分で書いてますのでよくわからない内容が多いかもしれませんがそれも仕様です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

エセ日本人のオススメ

あるエセ日本人(?)の日常
自称日本人の多忙?な生活。 リニューアルにリニューアルを重ねる、予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改革って言うけれど
何か党首討論って意味あるんですかね?

そもそも日本に討論の文化が根付いているわけでないし。
討論てのは相手の言葉の攻撃を受け流せばいいってもんでないし。





さて、今日から教育改革のための会議が始まったらしいですね。

9月入学とか、各学校に対し人気に応じた予算配分とか、奉仕活動の義務化とか。
言葉見る限りでは今この瞬間思いついたような項目みたいな感じ。

内容のある結果が出てきたらいいですね。
具体性を伴って。





だいたい、教育改革って言っている時点でおかしいと思ったり。

教育とは国の根幹なんだから改革って言葉を使うくらい変えなければいけないことが山積するのは怠慢以外の何ものでもない。
改革しなきゃいけないまで放っておいたり場当たり的な対策講じてみたり。

そもそも改革って言うくらい何もかも変えたら現場が混乱します。
教える方が統一した意思を持っていなければ教えられる方も混乱。
ひずみは広がるばかり。





なんてことを想像。
根拠?ありません、スイマセン。





まぁ、やる気を引き出すシステムを作ってほしいと願うわけです。
教える方も教えられる方も。
全員が教え方上手いわけがないし全員が成績いいわけがない。

たった一人のカリスマ教師に頼る。
それもいいでしょう。
インターネット環境が完全に整うというのであればそれも選択肢かもしれません。

それもいいけど、現場のスタッフが動きやすいようにサポートできる構造を。
問題点を見える化し対策をスムーズに講じられるシステムを。





ま、ちょっとずつよくなればな、なんて小さい想いです。

外野から好き勝手言ってるわ。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://youkosolinnlinn.blog33.fc2.com/tb.php/207-06ec5628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Google Ads

ブログ内検索

Google Picasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。