プロフィール

linn

Author:linn
できたてほやほやの社会人です。
企業名、業界は明かさないでね、ヨロシクです。

とりあえず立派な社会人になるべく修行の日々です。
コメントうぇるかむです、バンバン書き込んで下さいな。

気分で書いてますのでよくわからない内容が多いかもしれませんがそれも仕様です。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

エセ日本人のオススメ

あるエセ日本人(?)の日常
自称日本人の多忙?な生活。 リニューアルにリニューアルを重ねる、予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告 
昨日今日と飲みでした。
帰ってきたのは4時前くらいかな?
そのまま就寝、今はこうやって活動しているわけですが。
まぁ順に記憶をたどってみますか。
昨日は若手起業家の皆さんが集まり勉強、そして飲み会でした。
私が参加したのは飲み会からで。
途中参加と言うのもあるかもしれませんが、最初から雰囲気にのまれてしまいましたねぇ。
皆さんオーラが違うと言うか、活力が見えます。

部屋に行くと早速名刺交換。
ところどころで自己紹介をしております。
幹事に促されて席についてからも、周りの方々と交換。
俺の名刺は記者の名刺なんで、正直微妙だなぁ。
でも、なんとなく受けはよかったです。
ちなみに、最終的に名刺は20枚以上完売。
この調子だとヤバイ勢いで名刺がなくなるので、別に自分で名刺を作りたいと思います。

最初の席で聞いた話が、市長が変わって役所のスタイルも変わったとのこと。
市の職員として働いている方なのですが、新しい取り組みとして仙台をより活性化するためいろんな企画が進行しているとのことです。
やはり、新しい方に代わると新しい風が吹くのでしょうね。

宴の途中で席替え。
次は教育について熱く語りました。
要は高校、中学の高いポテンシャルを生かすどころか殺している今の現状についてみんなで憂い、それを活性化させる方法を模索し、実行しているんですね。
こういう動きがなかなか見えてこないですが、個人や活動母体が存在しているんです。
中には教育関係者で支持してくださり活動に協力してくれる方もいるようですが…。
こういうことを文科省やら県教育委員会で動きがないというのはなんとも寂しい限りです。

人によって生きる方向、波長は違うわけです。
それをどうしても同じ方向に向かわせようとする。
少なくとも今の教育ではそういう結果になっている。
個性を大事にとどんなに語っても空しく響く、そんな現状が今の日本の多くの学校です。
もちろん、そんな学校だけでないと言うことは私も十分承知してます。
昔、とっとちゃんのお話(知らない方はスイマセン)を本で読んで感動したことを思い出しました。

あとは東京に事務所を構える方も多くいらっしゃってましたが、私に資格を国内外問わず取りたいなら是非協力しましょうとおっしゃってくださった方もおりました。
私の稚拙な話をよく聞いてくださり、よく説明してくださいました。
東京にはそういった方を支援する話がいくつもあるとのことで、後輩共々、協力をするとのことです。
もう一回勉強してよく考えます。

記者の方ともお会いし、地元の記事を書かないかとも誘われました。
私が記者の仕事をしていると聞き、それなら是非と。
またいろいろコンタクトを取りたいと思います。

その勢いで2次会に突入。
2次会からは私の参加しているサークルのメンバーも何人か参加。
そして、以前にお話した球団創設メンバーの一人の方も。
席も近く、いろいろまたお話しする機会ができました。
その方も昔うちの大学で工学部だったのですが、今のやっていることと掛け合わせていろんなことをお話くださいました。
端的に言うと、研究もビジネスと密着していると。

簡単なことなんですが、これを頭においている学生はどれだけいることか。
要は、使えるものが研究室でできないとお金はないって来ないわけです。
赤字だったらもうお金が出てこないでしょう。
そういうシビアな世界にいるのに、私たちは理解していない…。
正直、思い知らされました。

いろんな話を聞いたりしていたのですが、世界は自分の知らない所ですごい勢いで回っているのだなと…。
今の自分はその勢いについていくのが精一杯です。
将来自分が何をするのか決まっていない。
それ自体が甘いことなのかもしれませんが、勉強になりました。
3次会まであって、大体8000くらいとんでいったのですが…。
それだけの価値がありました。
下手な講演会聞きに行くより、よほどためになる8時間でした。

そうそう、今お話したとおり、3次会まであったんですが、そこらへんは省略したいと思います。
そこらへんからテンションがよくわからない方向へ行き、ポテンシャルの高い人ばかりなのですごい勢いとなって笑いの方向へ行ったもので。
それも衝撃だったのですが、自分の記憶にとどめておきたいと思います。

久々に笑って涙が止まりませんでした。




人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

上には上がいます。やっぱり。
【2005/12/03 14:54】 URL | ひろし #- [ 編集]


いや全く。
勉強になりました。
【2005/12/03 15:30】 URL | linn #- [ 編集]


去年、うちの研究室、お金なかったからさ。
よくわかったよ。物ないし。
はじめは大きな部屋に机2つ、いす2つだった。

何かの流れを作ることは大変なことだと思います。
【2005/12/03 21:57】 URL | YO!HEY! #H6hNXAII [ 編集]


お金について語ることは日本人にとって慣れないことなんだと思う。
でも、それは普通のことなんであって、この自由経済社会において。
お金儲けとかいいように感じないい人が多いんだろうけど、要は内容が肝心なんだろうね。
【2005/12/03 22:21】 URL | linn #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://youkosolinnlinn.blog33.fc2.com/tb.php/40-dce8ee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Google Ads

ブログ内検索

Google Picasa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。